診療内容:ものもらい・霰粒腫|新城眼科オフィシャルサイト

ものもらい・霰粒腫

ものもらい

ものもらいは、まぶたのふちや内側についている細菌(黄色ブドウ球菌など)が分泌腺に入り感染して起こるもので、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とも言います。
治療は、点眼薬、軟膏、内服薬等です。

麦粒腫

霰粒腫

霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、まぶたのマイボーム腺がつまり、中に分泌物が貯まってしこり状になった状態です。
通常の霰粒腫は細菌感染はしていませんが、霰粒腫に細菌感染が併発すると急性霰粒腫となり、さらに腫れます。
治療は、点眼薬、軟膏、内服薬ですが、難治性の場合はステロイド剤の注射をすると効果的です。

クリニックについて 044-753-5661 場所や担当医についてお気軽にお電話ください。

コンタクト・メガネについて 044-753-5663 無料体験や種類、お取り寄せなどお気軽にお問い合わせください。

お電話受付時間 平日9:00~12:50 14:30~18:30 土曜日9:00~13:50 休診日:日曜日、祝日

アクセスの詳細はこちらへ