花粉症・アレルギー

花粉症(=季節性アレルギー)について

現在、日本人の約25%が花粉症だといわれています。
花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が目や鼻につくことで、花粉を除こうと免疫反応が起こることが原因で、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・充血・涙が出るなどのアレルギー症状を起こす病気です。
季節性アレルギーとも呼ばれています。

原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

【画像】スギ花粉

主なアレルゲン

  • スギ
  • ヒノキ
  • カモガヤ
  • オオアワガエリ
  • ブタクサ
  • シラカンバ など
【イラスト】花粉症のアレルゲンとなる植物のイラスト素材

症状

鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。

診療

当院では、必要に応じて点眼薬・内服薬・点鼻薬を組み合わせて総合的に症状を抑えます。
点眼薬は2種の組み合わせで効率的に症状を抑えます。内服薬は眠くならないタイプを処方します。
発症2週間程前から点眼薬等を開始すると、飛散後でも症状を軽くできます。

【画像】点眼薬

通年性アレルギーとは

アレルゲンが一年中ありますので、症状も一年中出てしまうタイプです。

主なアレルゲン

  • ダニ
  • 家の中のちり(ハウスダストなど)
  • ゴキブリなどの昆虫
  • ペットの毛
  • フケ など
【イラスト】幼児とアレルゲン

症状

喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。
最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。

診療

当院では総合的なアレルギーの診断をしております。
点眼薬だけでなく、点鼻薬、内服薬を組み合わせて治療していきますので、お気軽にご相談ください。

【画像】点眼薬、内服薬