網膜剥離

網膜剥離とは

網膜剥離の程度により様々な症状がおこりますが、最悪の場合失明に至るので早めの眼底検査が必須です。

症状

黒い糸くずのようなものがチラチラ飛んで見える飛蚊症、光がチカチカ見える光視症、カーテンが下りてくるように見える視野障害、強度の視力低下などです。

原因

多くの場合、網膜の周辺部分に網膜裂孔が発生し、そこから網膜下に水が入り短時間のうちに網膜剥離に至ります。

【画像】網膜裂孔の仕組み

診療

眼底検査で診断します。

治療は軽度の場合はレーザー治療、中等度以上の場合は手術が必要です。

剥離面積が少ないうちに治療をすることが予後に重要です。
気になる症状がございましたら、できるだけ早期に眼底検査を受けてください。

【画像】眼底検査画像