診療内容:黄班変性症|新城眼科オフィシャルサイト

黄班変性症

黄班変性症とは

黄斑変性症は網膜の中心部分「黄斑部」が主に加齢により発症します。
60代70代の方に多く、委縮型と浸出型があります。
共に悪化しやすく、予後が不良な疾患でしたが、最近になり新たな治療法が出てきています。

黄斑変性症は危険

症状

ゆがみ、中心部が見えずらい、視野が欠ける、視力低下などを自覚します。
悪化すると、強度の視力低下に至ることもあります。

黄斑変性症の見え方は

原因

黄斑部にある網膜の血管が加齢等により詰まると、新生血管が発生します。
新生血管はとても弱く、すぐに破裂して出血を繰り返し、周辺の網膜を徐々に傷害していきます。
また、抗酸化酵素の不足で黄斑部がダメージを受けることも原因となります。

黄斑変性症の原因

診療

眼底検査、OCT検査、視野検査などで診断します。

治療法は、最近とても進歩してきていますが、それぞれ問題点も多くまだまだ発展途上です。
レーザー、抗VEGF療法、ステロイド剤注射、硝子体手術などがあります。病状に合わせて、選択することが必要です。
また将来は再生網膜の移植も期待されています。

抗VEGF療法

クリニックについて 044-753-5661 場所や担当医についてお気軽にお電話ください。

コンタクト・メガネについて 044-753-5663 無料体験や種類、お取り寄せなどお気軽にお問い合わせください。

お電話受付時間 平日9:00~12:50 14:30~18:30 土曜日9:00~13:50 休診日:日曜日、祝日

アクセスの詳細はこちらへ