診療内容:ものもらい・霰粒腫|新城眼科オフィシャルサイト

ものもらい・霰粒腫

ものもらい

ものもらいは、まぶたのふちや内側についている細菌(黄色ブドウ球菌など)が分泌腺に入り感染して起こるもので、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とも言います。
治療は、点眼薬、軟膏、内服薬等です。

麦粒腫

霰粒腫

霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、まぶたのマイボーム腺がつまり、中に分泌物が貯まってしこり状になった状態です。
通常の霰粒腫は細菌感染はしていませんが、霰粒腫に細菌感染が併発すると急性霰粒腫となり、さらに腫れます。
治療は、点眼薬、軟膏、内服薬ですが、難治性の場合はステロイド剤の注射をすると効果的です。
Web受付システム
◆待ち状況 (09:51)◆
お呼出中番号: 14 番
お待ちの人数: 10 人
Web受付へ

診察受付時間

最新のお知らせや眼に関する豆知識などを配信

製品追加やお得なクーポン情報などを配信します

いま新城コンタクト公式LINEに登録していただくと、
コンタクト製品300円割引クーポンを進呈します。
(クーポンは翌日から使用可能です)


最新のお知らせや眼に関する豆知識などを配信

製品追加やお得なクーポン情報などを配信します


新城眼科・外観

武蔵新城駅 「正面」すぐ
南武線ホームからクリニックが見えます
神奈川県川崎市中原区新城3-2-13
ラビスタビル3F
武蔵新城南口駅前、バスロータリー前
無料駐輪場、無料駐車場完備