院内設備|新城眼科オフィシャルサイト

院内設備

院内設備

当院の医療機器一覧  ( ) 内は台数

視力検査機 (5)細隙灯 (2)
倒像鏡 (2)眼底カメラOCTアンギオグラフィー (1)
ハンフリー視野計 (1)アルゴンレーザー (1)
SLT-YAGレーザー (1)スポットビジョンスクリーナー (1)
非接触型眼圧測定器 (1)接触型眼圧測定器 (1)
ノンコンレフケラトメーター (1)オートレフケラトメーター (1)
レンズメーター (1)10年近視進行予測 (1)
ワック (1)携帯型細隙灯(ハンディスリット) (2)
石原表・パネルD15 (1)検査用コンタクトレンズ

ハンフリー自動視野計 HFAⅢ

ハンフリー自動視野計

対象疾患:緑内障、網膜疾患
この最新の視野計で、短時間でより正確に視野異常を測定することができ、緑内障や網膜疾患の診断や治療が格段に向上しています。

SLT-YAGレーザー

SLT-YAGレーザー

対象疾患:緑内障、後発白内障

SLTは、一度の施行(10分程)で数年間眼圧を下げ、将来の緑内障の進行を予防します。新しいレーザーで現在急速に広まっています。痛みなく、副作用もほぼなく安全ですが、効果は個人差があります。簡単に施行できますので、初期~中期の緑内障の方に、点眼薬治療と並んでまずは検討すべきレーザーです。

YAGは、白内障手術後の後発白内障に有効で、視力を改善させます。

SLTレーザーの詳細 (クリックで拡大)

SLT-YAGレーザーの詳細

マイクロパルスイエローレーザー網膜光凝固装置 IQ577

レーザー

対象疾患:糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜剥離、網膜静脈閉塞症など
マイクロパルスイエローレーザーは、低侵襲波長も選択でき、従来のレーザーに比べ網膜への負担が少なく、難しかった黄斑部への治療も可能になりました。ほぼ無痛です。

眼底カメラOCTアンギオグラフィー(光干渉断層血管撮影)

OCT

対象疾患:糖尿病、黄斑変性症、網膜血管閉塞症、その他網膜疾患
従来から必須であったOCTがより進化し、全くご負担なく、眼底のCT画像に加え、血管撮影もできる新型の検査機器です。初期糖尿病網膜症などの発見、網膜病変部の詳細な診察、ご説明に有効です。

OCT解析画像例1 (クリックで拡大)

OCT画像例1

OCT解析画像例2 (クリックで拡大)

OCT画像例2

スポットビジョンスクリーナー(屈折検査)

スポットビジョンスクリーナー

対象疾患:乳児小児の近視、遠視、乱視、弱視、斜視
この装置(通称ハンディレフ)により、生後6か月以降の乳児小児に対し、早期かつ容易に、負担なく眼の異常を検出できるようになりました。屈折異常は早期発見が重要ですが、乳児小児は自覚症状を訴えられません。一度検査を受けられることをお勧め致します。

自動検眼システム

自動検眼システム

最新の視力検査機です。検眼レンズが自動選択されて、より正確な視力測定ができます。
メガネ・コンタクトの検眼にも優れています。

ワック

ワック

5分映像を眺めるだけで、小児の近視進行を抑制する効果があります。ご都合に合わせて定期的(2週間に一度ほど)な施行をお勧めします。
Web受付システム
◆待ち状況 (11:27)◆
お呼出中番号: 35 番
お待ちの人数: 5 人
Web受付へ

診察受付時間

最新のお知らせや眼に関する豆知識などを配信

製品追加やお得なクーポン情報などを配信します

いま新城コンタクト公式LINEに登録していただくと、
コンタクト製品300円割引クーポンを進呈します。
(クーポンは翌日から使用可能です)


最新のお知らせや眼に関する豆知識などを配信

製品追加やお得なクーポン情報などを配信します


新城眼科・外観

武蔵新城駅 「正面」すぐ
南武線ホームからクリニックが見えます
神奈川県川崎市中原区新城3-2-13
ラビスタビル3F
武蔵新城南口駅前、バスロータリー前
無料駐輪場、無料駐車場完備